駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。



糸引きとは
青森県弘前市の佐藤製菓で、戦前から作られている津軽駄菓子です。
国産の小豆や黒糖・てんさい糖を溶かして固めた素朴な味わいのお菓子です。
糸がついた大・中・小のお菓子は、鯛や梅など縁起の良い形をしていて、
糸を引いて大物を当てるのが子供たちの楽しみでした。

糸引きあめ箱

大王くじやいもくじと同じ閻魔様が箱に描かれてます。
お菓子と閻魔大王はミスマッチな気もしますが、佐藤製菓さんのマスコットキャラなのでしょうか。

糸ひきあめ(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
糸ひきあめ(いとひきあめ)とは、飴の内部から長い糸が通った菓子のこと。
この飴は駄菓子屋に置いてあることが多く、糸を束ねてある中から1本選んで引き、引き上がった飴が貰える(1回10円程度)。はずれは三角錐の小さな飴だが、あたりは平べったいフルーツなどの形をしており、一口で頬張れないほどに大きい。どちらもさまざまな色があり、香料で風味をつけてある。 通してある糸は、チュッパチャップスの棒のような役目というよりは、くじを引く際に不衛生にならないように付いているものだと思われる。
糸引き飴といえばフルーツ味のタイプが全国的にメジャーなようです。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
ソースをつけるだけで、なんとなく屋台の味っぽくなります。
ソースを挟んで2枚合わせにしたり、いろいろな楽しみ方があるのも駄菓子の魅力ですね。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
いくつかのメーカーさんから販売されています。
花に似た型で焼くから花串と呼ばれています。

花に似てる???


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ


大王くじとは
青森県弘前市の佐藤製菓でしか作られていない
今では貴重な津軽駄菓子の一つです。

閻魔大王が描かれた台紙のくじをめくり、
「子」は小サイズ、
「親」は中サイズ、
「大王」なら一番大きなお菓子がもらえます。

津軽駄菓子の元祖
大王くじは、数ある津軽当物駄菓子の元祖ともいえる存在です。
今でもイベントやお盆・正月など親戚が集まった時に
箱ごと買う方が多くいるほど、親しまれている駄菓子です。

販売地域が限られていたのでしょうか。
地域によりメジャーな駄菓子が違います。
青森市近隣の方は「いもくじ」と「あん玉」、
弘前市近隣の方は「いもくじ」と「大王くじ」が馴染み深いようです。
下北・八戸・南部・県南方面など、他の地域ではどうなんでしょうね。



◎ 関連記事


津軽当物駄菓子(つがる あてもの だがし) (まるごと青森)
大王は、白あんを食紅などで染め、型で抜いた雲平のような菓子で、弘前にしかない当物駄菓子です。昭和27年創業の佐藤製菓(弘前市)が既に閉店している他店が始めた大王を作り、今では弘前でも生産はこちらのみになっています。駄菓子屋では、閻魔大王が書かれた板紙のくじを...


弘前の旅~「旭松堂」桜雲・「おさり煎餅店」津軽煎餅・「佐藤製菓」あてもの菓子~ (華麗叫子の胃袋は偉大なるコスモ)
弘前駅ビル『アプリーズ』に昨年から置かれるようになった『佐藤製菓』の 「あてもの菓子」。訪れたときにあったのは「大王」(だいおう)・「いも当て」・「糸引き」の3種類。26個入り1,260円の箱売り。ここ弘前にしかない駄菓子なのでご当地菓子好きの方はもちろん、今は弘前を離れ遠く...


いとおかし*あてもの菓子*弘前の生大王 (le studio mizoguti massako ル・ステュディオ 溝口政子)
こんなお菓子がまだあるんです。どんなものか知っていて注文していながら、届いた時は驚きで「なんてこと!」、「なんてこと!」と独り言を言いながらひろげました。半生くらいの菓子だとばかり思っていたら、出てきたのはつくりたての柔らかい練りきりの花たちでした。わら半紙に貼りつける...


☆ 大王当て (くじ付き菓子 ☆ (まま屋。)
おかちゃんが 遊び心で 買ってらったくじ菓子の 『 大王当て』です 一番大きい当たりが 大王 二番目が 親 三番目が 子です 大王が こんな感じだばって 子は こんなもんだった?と思うほどで(苦笑 で この 『大王当て 』は 弘前で作ってるんだよの郷土の懐かしいお菓子になるんだが?青森市...


駄菓子大王 (へっぽこ日記)
みなさんは子供の頃『駄菓子』買いにいきました?僕は近所に駄菓子屋さんがあったので、月に1度くらい100円を握り締めて買いに行った記憶があります。100円で小さな紙袋いっぱいにお菓子になるので嬉しかったなー。さて、そんな懐かしい駄菓子ですが、僕の中で駄菓子のナ...


大王くじを買ってきました (まったりぽっぽ♪)
駄菓子やで買ってきました。一箱。私よく知らないんだけど…大王、親、子、の大きさの違う三種類の菓子で、くじを引いて、どれが当たるか決まるわけ。一等が大王で一番でかい菓子、二等が親で中くらいの菓子、ハズレが子で一番小さい菓子。菓子は和菓子的なアン的な奴(うまく言え...


「大王くじ」って知っていますか?? (Nekusy's TIMES)
ブルートレインにのって津軽鉄道のストーブ列車を乗りに行こう、と一日一回は考えている今日この頃ですが、目標はジュニアが小学校に上がる来春までにいきたいと思っているんですが、もし実現したら、ある事をやってみたいと思っています、それは、「大王くじ」というくじを引いてお菓子の...


大王当て (ぐるたび)
“大王当て”は津軽駄菓子のひとつ。甘いお菓子が手に入らなかった昭和初期から戦前にかけて流行った駄菓子だ。当時は町の駄菓子屋さんならどこでも売られていた。大王当ては和菓子でいう練りきりの材料を大・中・小の型を使って成型して作られる。購入したときにくじを引き、その...


大王のくじ (絵描ぎ 山内 和人 いろんな情報)
ずーっと「カランカランアイス」だった上土手スクエアさんの津軽絵っこの額絵を「大王のくじ」に入れ替えしました。「カランカランアイス」は2011年5月からなんで、本当にずーっとでした。「大王のくじ」もちょっとだけずっとで替えれるようにネタ探し頑張りまーす。最近は「今もあるけど...


くじ付き和菓子 (Ausleseの香り)
弘前だけ?で売っているくじ付きの和菓子です。昔の駄菓子屋さんで行われていた“くじ”が、現在もそのまま残っています。私が小さい頃は、1回5円で、このくじを1回だけ引くことができました。これが“くじ”の部分。うす茶色の紙(30枚あります)を選んではがすと、“大王”、“親”、“子”...


大王 (弘前観光ナビゲーターのブログ)
今年に入ってからずーっと食べたいと思っていた物をついに購入しました『大王当て~くじ付き』青森県津軽地域に戦前から伝わるくじ付の駄菓子で、白餡を食紅などで染め、木型で生成した練切の生菓子です。くじには、大王・親・子の3種類があり、各々大・中・小のお菓子が当ります...


和菓子の街 14 (弘前プラザホテル - じゃらんnet)
14回目の今回は「和菓子」というよりも、「駄菓子」として、昔から弘前市民に人気の菓子、「大王」をご紹介させていただきます。大王は、白あんを食紅などで染め、型で抜いた雲平のような菓子で、弘前にしかない当物駄菓子です。昭和27年創業の佐藤製菓が既に閉店している他店...


生菓子「大王当て」 (子育てって楽しいなー。)
弘前土産としてもらったんだけど、こんなの始めてみて驚いたので。紙製のくじをひいて、出た「大王」「親」「子」をみて、大・中・小の大きさの違う生菓子を食べるという駄菓子屋のお菓子。「大王」はすごい大きくて、大人の手の平ぐらいかな~。わら半紙にこの花生菓子が貼り付けられ...


第3回オフ会・当物(あてもの)・演芸編 [おでかけ ルン♪] (塵も積もれば…)
津軽当物(あでもの)と呼ばれる郷土駄菓子。大王当てというくじで、めくって「大王」が出ると当たり「親」「子」という順になります。この景品のお菓子が、色といい味といい、どこか懐かしいものでした。私は津軽衆ではないので、全く知りませんでしたので、ちょっと調べてみました。白餡...


大王当て♪ (紳士万歳(゚⊆。*)<season6)
はいどーも!グルメハンターっすヘ(゚∀゚*)ノ気を取り直して明るい年末を☆笑えー、今日は青森県弘前市に古くからある「大王当て」をご紹介!(ノ´▽`)ノまたの名を「大王くじ」って呼んでます★大王、親、子という3つの大きさのお菓子があり、大王が一番大きいいわゆる「大当たり」♪それを...


弘前大王 (私 的 に 素 敵)
弘前の懐かしいお菓子大王。こどもたちが駄菓子屋さんに行くと必ずひいたのがあてもの菓子。大王に芋あてはこどもたちに人気のお菓子でした。和菓子で描く津軽の四季二部では市内のお菓子屋さん九店が弘前らしい新たなお菓子を発表してくれます。大王を製造する佐藤製菓さんで...

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ


いもくじとは
青森県(津軽地方)限定の伝統的な当て物(くじ付)駄菓子です。
普段は駄菓子屋などのお店でくじ引きを楽しみながら買います。
何かのイベントやお盆・正月などで人が集まる時には、
箱買いしてみんなでわいわい楽しみながら食べます。

現在はネット通販で全国どこでも注文する事ができるので、
青森県出身者の方が「なつかし~」と購入する事が多いようです。

職人の手作りによる味
油で揚げた香ばしいドーナツ皮には、たっぷりと国産のテンサイ糖がふりかけられ、
口に入れると黄色い餡の甘さと絶妙のハーモニーを演出します。

くじが楽しい
閻魔(えんま)様が描かれた台紙のくじをめくると「親」か「子」と書かれています。
「親」は大きいサイズのいも、「子」は小さいサイズに対応しています。
単純な「当たり・はずれ」ではなく、「親子」というネーミングも味がありますよね。
だがし屋さんでくじ引きするも良し、箱買いして大勢で楽しむも良しの津軽伝統駄菓子です。

販売地域が限られていたのでしょうか。
地域によりメジャーな駄菓子が違います。
青森市近隣の方は「いもくじ」と「あん玉」、
弘前市近隣の方は「いもくじ」と「大王くじ」が馴染み深いようです。
下北・八戸・南部・県南方面など、他の地域ではどうなんでしょうね。



◎ 関連記事


青森県津軽地方に伝わる駄菓子”いも当て”ってなんだ!? (NAVER まとめ)
衛生面などに過剰に反応する昨今、このような文化はこれからも大事にしていきたいですね!...


いもくじ - 青森津軽名物駄菓子 - いも当て ([+] 俺視点 - GOING MY WAY)
これは津軽地方で有名な駄菓子「いも当て(通称いもくじ)」という物。名前そのまんま、見た目が芋っぽく、くじが付いている。実は「いも」は入っていない。(笑でも、おいしい。皮が香ばしくてうまい。なんだか閻魔大王が描かれた意味不明のくじで「親」を引くと大きいいも、「子」を引くと小...


津軽当物駄菓子~いも当て~ (まるごと青森)
今は大人が盛り上がります!先日、取材の同行で弘前へ。津軽の当物駄菓子を作っている佐藤製菓さんへ行ってきました。今日のメインは、「いも当て」です。当物(あてもの)って何?という方のために。津軽の駄菓子は、板紙に張り付けた「くじ」を一回○○円で引き、「親」と書かれたくじを引く...


青森名物「いも当て(いもくじ)」 (ねこぜの東京⇔青森)
ねこぜがず~~~っと憧れていた津軽の駄菓子をきのう手に入れましたよ!その名も、「イモ当て(イモくじ)」!イモと言っても、ジャガイモではなく、イモにみたてたあんのドーナツ。当たりくじ用のお菓子として青森のメジャーな駄菓子らしい。イモ当てというのは、「親」を引けば大きなイモ...


青森県弘前名物「いもくじ」 (ふみりんの人生行き当たりばったり)
弘前名物「いもくじ」を知ってるかい?正式名称は「いも当て」と言うらしい。津軽っ子には当たり前の駄菓子も、他の人から見るとすごく不思議な物って多いよね?いもという名前が付いてても、全くいもは入っていない黄色く色のついたアンの入ってる揚げドーナツ菓子で、見た目がさつま芋...


イモ当て (ぐるたび)
“イモ当て”は津軽に伝わる駄菓子のひとつで、店頭で引いたくじの結果で、親(大)・子(小)どちらかがもらえる駄菓子だ。白あんの入ったあんドーナッツだが、その形、色がイモに似ていることからイモ当てと呼ばれている。イモ当てについて語ろう!お。これ懐かしいですね!「親」と「子」...


青森駄菓子 いもクジ (おこちゃま日記)
いもクジ(いも当て)クジをしてイモに見立てた黄色い餡入りドーナツを当てます。ドーナツの大きさが2種類あって大きいのが「親」小さいのが「子」となっています。青森では私の小さいころから駄菓子屋さんに置いています。今もありますよね。お正月になるとコレがセットでスーパーに出回り...


イモ当て!! (弘前再発見)
くじで「イモ菓子」を当てるというこのお菓子。親なら大きなイモ菓子が、子なら小さなイモ菓子が当たります。実際は、さつまいもの断面に似せて作られた洋菓子ですね。とってもおいしいと思います。狭い我が家で開いたクリスマスパーティ。大人子ども計10名が集まりました。弘前の人...


青森県の正月遊び「イモ当て」 (青森からこんにちは♪)
青森県には八戸市側の南部地方と青森市・弘前市側の津軽地方があり、間に山を挟むので南部と津軽では違う習慣があってもお互いがそれぞれ当たり前と思っている為、話題にせず、なかなか表面に出てこない地域独特の風習があります。私が、昔、津軽地方に転勤になってはじめて知...


いもくじ (青森生活)
こちらのメジャーな駄菓子らしいです。津軽のって書いてあったので青森全体ではないっぽい。いもくじと言って、くじを引いて大きいのとか小さいのがもらえるようで画像の黄色い中がみえてるほうが大きくて丸くなってるのは、切れ目があるわけで、二つ分です。大きいのが親で、小さいの...


懐かしのいもくじ (Tanの日記)
近所のスーパーで、駄菓子屋さんで売ってるいもくじを箱で売ってたので、久々に懐かしくて買いました。私が引いたのは 子 でも、色も味も少し変わってました。ちょっと甘くなった・・・作ってるとこは同じだった記憶があるんだけど。子供達が小さいころから好きで、大人になってからもたま...


当物(あてもの) (青森県の観光タクシーなら、弘前タクシー株式会社)
青森県津軽地方の駄菓子「あてもの」。当りのついた駄菓子でクジを引いて、当ればより大きいお菓子が貰えるとあって、子どもの頃は”わくわくドキドキ”しながらクジを引いた今のコンビニでは絶対味わうことのできない子供の頃食べた懐かしい「あてもの」。写真は”イモ当て”という駄菓子...


いもくじ (ZOZOPEOPLE | rena)
「いもくじ」青森にしか売ってない駄菓子やの定番。あんどーなつの中身いもVer.(←かっこいい。笑)駄菓子にしちゃあ140円。高級!なのでこのテーマ。三回くじをめくって、「親」が出ると大きいやつ、「子」がでると小さいやつもらえます。ちなみに写真の左が親。右が子。わたしホントに駄菓子...


いもくじ (i.f.m)
いもくじ買ってきました!これって、こちら(青森)にしか無いものなんですかね?ちっちゃいころ近所の駄菓子屋でしょっちゅうやってましたけど...親と子が出るくじを引いて、親だと大きい芋のお菓子が当たるってやつなんですけど...昔は閻魔様の絵が描いてる下のクジを引くと親が出る...


いもくじ (a piece of cake)
何年ぶりのいもくじ!3回やったんだけど親2こ、子1こ当たったん(*^o^*)でも、あまくてあまくて子1こ食べるので限界...


イモ当て (☆新鮮つがる日記☆)
今日は弘前名物駄菓子の『いも当て』をご紹介したいと思います。弘前にお住まいの方なら、誰でも一度は口にしたことがあると思いますが、『いも当て』とは、まず始めにくじを引いて「親」が出ればおっきいイモが、「子」が出れば小さいイモがもらえます。焼き芋風のしっとりとしたアンがたくさん...


いもくじ (文学座公演『くにこ』公演ブログ)
弘前での公演、無事に終わりました!弘前市民劇場の皆様、ありがとうございました!津軽の駄菓子「いもくじ」大小の、お芋に見立てたあんドーナツ。くじをめくって「親」が出たら当たり。大きい方を食べられます。「子」が出たらハズレ。小さい方です。いもくじの、昔と変わらぬ味に「涙が出るぅ...


芋くじ (my garden)
勤め先の社員さんが弘前に行ったお土産に買ってきてくれた「芋くじ」。これは弘前の方で有名な駄菓子で、黄味あんが入っている餡ドーナッツみたいな素朴なお菓子で、しかもくじが付いている。(お芋の餡みたいに見えるけど実はお芋は使ってないらしい)というか、くじの景品がこの餡...


イモ当て!! (miho)
今日はいも当てを紹介★私は全国区だと思ってた。昔っから駄菓子屋にあったお菓子。青森だけ?と聞いてちょっとビックリ。。こんなおいしいものが地方だけのなんて。。だから紹介★そしてラジオを聞いてる方は分かると思うけど今番組内で駄菓子アウォード開催中!!その中で私...


いもくじ (青い森のSweets)
津軽地方の駄菓子で外せないのが、このいもくじ。よーするに、焼き芋風、アンドーナツ。昔、小学生の頃、良く駄菓子屋さんで買いました。今でもあるのが、いいっすね。このいもくじ、くじと名前があるとおり、くじを引いて「親」が出ればおっきいイモが、「子」が出れば小さいイモがもらえます...


弘前・佐藤製菓のイモ当て (yukipedia blog)
イモ当ては当物(あてもの)景品と言われ青森県津軽地方で育まれた駄菓子です。てっきり全国区だと思っていましたがこれがローカルだと判った時はちょっとばかりショックでした。当時、くじを1回20円で引き「親」「子」と書かれた札の通りに焼き芋に似せた和菓子をもらいました。揚げ菓...


津軽限定駄菓子~ (弘前パークホテル☆スタッフブログ☆)
本日は私が昭和時代よく食べていた駄菓子をご紹介。津軽では知らない人はいない!!ほどの有名なお菓子。「いも当て」です。実はコレ、津軽地域限定なんです。知っていました?50円のお小遣いでしたので私にとって高級駄菓子でした。。白餡をドーナツの皮で包んで揚げたお菓子...


芋くじ食いたい (あおもりくまの生態)
あの親と子のクジでやるやつ。あの和菓子はお茶請けにいいのだ。でも、今じゃ駄菓子屋なんて無いから古川の商店街に行って駄菓子屋さんで箱買いするしかない。古川の散策もいいなぁ・・・腹が減ったら新鮮な魚の焼き魚定食も食えるし。図書館もいいかも。図書館かぁ。学生の頃は...


懐かしの芋くじ♪ (みけみけ日記 ・・・イナ・・時々仕事)
子供の頃・・・いくらだったかな?それから中学時代、塾をさぼって駄菓子屋さんへ・・・チョイ悪子でした(笑)お小遣いはみんな駄菓子屋さんで使ってました(笑)何枚か10円玉握りしめて、近所の友達と駄菓子屋さんでくじを引く「わ~!親だぁ~~!やった~!」「あああ~~・・・何回やっても...


お正月には芋くじ引こう♪ (たく・カウリスマキの食べ歩き日記)
皆さん、あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!今年最初に紹介するものは、『芋くじ』です。これはですねぇ、小さい頃から正月などに親戚の家に行くと、いつもありました。芋くじの他に『大王』と言うのがあるんだけど、大王は無かったです。お菓子みたいなもの...


青森の駄菓子 「いもくじ」 (ふみりんの人生行き当たりばったり~アンドロメタボ星にようこそ~)
末弟ジミーが「姉ちゃん、ぜひ食べてみてくれ」と薦めてきた「いもくじ」駄菓子なんだけど、青森しか無いらしい。揚げドーナツに芋餡が入ってて、くじを引き、「子」なら小さい芋、「親」なら大きい芋が貰える。すぐさま注文したんだけど、在庫品の賞味期限が後少しで、今日発送しても2日かかる...


いもくじ (お気に入り名物紹介)
青森名物 いもくじ 青森では 知らない人が いない超有名な 駄菓子 です。黄色い 餡が 入った あんドーナッツ です。くじを ひいて「 親 」が 出れば 大きい方「 子 」 が出れば 小さい方を もらえます。私が 子供の頃は 一回10円でしたが 今は いくらなんでしょうね~ 30...


大王いも~絶滅危惧種~ (青森の魅力)
小さいころ100円玉を握りしめて足しげく通った駄菓子屋さん。あの懐かしい味を汚れた大人になっても欲しがり、時折購入するのですが…。これ…皆さんご存知ですか?てっきり全国区と思っていましたが実は弘前発祥のこの菓子。県内でもどこまで浸透しているかはわかりません。小銭を...


大王くじ (つゆヤキソバン&はれぢ団長の黒石大好きブログin青森県)
いもくじです。親が出たら大きな芋菓子 子は小さな芋菓子 お正月や行事に津軽では欠かせません。...


芋くじ☆ (えがおといっしょ - サンキュ!主婦ブログ)
お土産はコレ。芋くじ。昔、こちらの駄菓子屋で1回20円くらいで、一回くじができました。紙をぺりっとめくって、親がでれば大きいお菓子、子がでれば小さいお菓子。さつまいも餡が入った揚げ菓子のようなものです。今は駄菓子屋さんがほとんどなくなってしまったのですが、盆・正月...


地方の駄菓子でこんなものが!知らんかった・・・ (インスタントラーメンばかり200種類に囲まれた店主の日記)
さくら野百貨店弘前店の中にある駄菓子屋さんを見つけました!なにか面白いものはないかな~?ん??「いもくじ」「大王くじ」とな??なんじゃそりゃ??急いで店内の方に聞いてみると・・・これが「いもくじ」(大王くじとも呼ばれている)だそうです!!これ、くじをめくると「子・親...

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ