駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。

認知度・ローカル色・値段・素朴な味。
ふ菓子は駄菓子というネーミングやイメージにピッタリなお菓子です。
存在は地味なので、駄菓子ランキング等で上位には入りませんが、
誰もが認める絶対外す事ができない駄菓子です。
ある意味キング・オブ・駄菓子ですね。

以前、いろいろなふ菓子を食べ比べした事があるのですが、
私のオススメはこの三新製菓さんのふ菓子「さくら棒」です。
サクっとした軽い食感とフワっと広がる香ばしさが一番でした。




みなさんはどのふ菓子がお好みですか?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ