駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。

こどもの大好物うんちくんです。

こんなモチーフの物をキャッキャ騒ぎながら買ったり食べたりするのが、
駄菓子コミュニケーションのいいところでもありますよね。

トモエ物産さんからは色々なうんちくんキャンディが発売されています。
子供心をくすぐるユニーク駄菓子でお馴染みのジャック製菓さんからは、
当たり付のうんちくんグミが発売されています。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
ラムネの瓶に入ったラムネ菓子です。
こういうパロディー商品は子供は大好きですよね。
私も好きでした。

このボトルタイプのラムネ菓子は、森永製菓さんがメジャーですが、チーリン製菓さんからはニューラムネ、マルタ製菓さんからはなつかしラムネやボトルラムネという商品が販売されています。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
コリスさんの人気定番商品です。
「遊べるお菓子」といえば、このフエラムネを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
笛を楽しめる上におもちゃも付いたお得仕様です。
味もバリエーションに富んでいて、現在のラインナップは、この定番のフエラムネの他に、ブルーソーダ・ホットケーキ・コーラ・ぶどう・いちごと、袋入りのミント味があります。
3個入りのニューフエラムネや、ガムタイプのニューフエガムもあります。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
こちらも すもも漬 と同じように関東中心の駄菓子らしいです。
漬物系駄菓子文化は関東だけなのかしら?
カリカリ梅なんかは全国のような気がしますが、
たしかに駄菓子と呼ぶには違和感があるかも知れません。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
同じカテゴリー(駄菓子 : 梅・果実・漬物系)の記事
毒々しい真っ赤な液体でお馴染み?のすももの漬物です。
このつゆが好きな人も多いのではないでしょうか。
一口飲んで、むせるくらい酸っぱいのに、また一口いきたくなりますよね。
実はこれ、関東以外にはあまり流通してないみたいです。

「ナマイのすもも漬」とミサキの「すもカップ」などありますが、どちらかがOEMなんでしょうか。
そっくりですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
漫画やアニメによく登場する棒付の大きな飴です。
個人的にはDr.スランプ アラレちゃんのイメージが強いです。
ぐるぐる模様が印象的ですね。

どこにでもありそうなこのキャンディですが、実は作っているメーカーさんは少ないです。
イベントやプレゼントなどに細い需要はあるでしょうけど、
日常生活で食べるような売れ筋になるお菓子ではないですもんね。
でも、無くなったら寂しいです。ずっと残していきたいお菓子です。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ