駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。

たまごボーロは幼い頃によく食べてましたが、ミルクボーロは記憶にありません。
岩本製菓さんのホームページを調べたところ、タマゴボーロもミルクボーロも原材料・成分共に全く同じでした。
謎ですね。

原材料:馬鈴薯澱粉(遺伝子組換えでない)、砂糖、たまご、乳糖、粉ミルク、カロチン色素、(原材料の一部に大豆を含む)
栄養成分(16gあたり):エネルギー63kcal、たんぱく質0.2g、脂質0.2g、炭水化物15g、ナトリウム2.5mg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ