駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。

津軽当物駄菓子「大王くじ」



大王くじとは
青森県弘前市の佐藤製菓でしか作られていない
今では貴重な津軽駄菓子の一つです。

閻魔大王が描かれた台紙のくじをめくり、
「子」は小サイズ、
「親」は中サイズ、
「大王」なら一番大きなお菓子がもらえます。

津軽駄菓子の元祖
大王くじは、数ある津軽当物駄菓子の元祖ともいえる存在です。
今でもイベントやお盆・正月など親戚が集まった時に
箱ごと買う方が多くいるほど、親しまれている駄菓子です。

販売地域が限られていたのでしょうか。
地域によりメジャーな駄菓子が違います。
青森市近隣の方は「いもくじ」と「あん玉」、
弘前市近隣の方は「いもくじ」と「大王くじ」が馴染み深いようです。
下北・八戸・南部・県南方面など、他の地域ではどうなんでしょうね。



◎ 関連記事


津軽当物駄菓子(つがる あてもの だがし) (まるごと青森)
大王は、白あんを食紅などで染め、型で抜いた雲平のような菓子で、弘前にしかない当物駄菓子です。昭和27年創業の佐藤製菓(弘前市)が既に閉店している他店が始めた大王を作り、今では弘前でも生産はこちらのみになっています。駄菓子屋では、閻魔大王が書かれた板紙のくじを...


弘前の旅~「旭松堂」桜雲・「おさり煎餅店」津軽煎餅・「佐藤製菓」あてもの菓子~ (華麗叫子の胃袋は偉大なるコスモ)
弘前駅ビル『アプリーズ』に昨年から置かれるようになった『佐藤製菓』の 「あてもの菓子」。訪れたときにあったのは「大王」(だいおう)・「いも当て」・「糸引き」の3種類。26個入り1,260円の箱売り。ここ弘前にしかない駄菓子なのでご当地菓子好きの方はもちろん、今は弘前を離れ遠く...


いとおかし*あてもの菓子*弘前の生大王 (le studio mizoguti massako ル・ステュディオ 溝口政子)
こんなお菓子がまだあるんです。どんなものか知っていて注文していながら、届いた時は驚きで「なんてこと!」、「なんてこと!」と独り言を言いながらひろげました。半生くらいの菓子だとばかり思っていたら、出てきたのはつくりたての柔らかい練りきりの花たちでした。わら半紙に貼りつける...


☆ 大王当て (くじ付き菓子 ☆ (まま屋。)
おかちゃんが 遊び心で 買ってらったくじ菓子の 『 大王当て』です 一番大きい当たりが 大王 二番目が 親 三番目が 子です 大王が こんな感じだばって 子は こんなもんだった?と思うほどで(苦笑 で この 『大王当て 』は 弘前で作ってるんだよの郷土の懐かしいお菓子になるんだが?青森市...


駄菓子大王 (へっぽこ日記)
みなさんは子供の頃『駄菓子』買いにいきました?僕は近所に駄菓子屋さんがあったので、月に1度くらい100円を握り締めて買いに行った記憶があります。100円で小さな紙袋いっぱいにお菓子になるので嬉しかったなー。さて、そんな懐かしい駄菓子ですが、僕の中で駄菓子のナ...


大王くじを買ってきました (まったりぽっぽ♪)
駄菓子やで買ってきました。一箱。私よく知らないんだけど…大王、親、子、の大きさの違う三種類の菓子で、くじを引いて、どれが当たるか決まるわけ。一等が大王で一番でかい菓子、二等が親で中くらいの菓子、ハズレが子で一番小さい菓子。菓子は和菓子的なアン的な奴(うまく言え...


「大王くじ」って知っていますか?? (Nekusy's TIMES)
ブルートレインにのって津軽鉄道のストーブ列車を乗りに行こう、と一日一回は考えている今日この頃ですが、目標はジュニアが小学校に上がる来春までにいきたいと思っているんですが、もし実現したら、ある事をやってみたいと思っています、それは、「大王くじ」というくじを引いてお菓子の...


大王当て (ぐるたび)
“大王当て”は津軽駄菓子のひとつ。甘いお菓子が手に入らなかった昭和初期から戦前にかけて流行った駄菓子だ。当時は町の駄菓子屋さんならどこでも売られていた。大王当ては和菓子でいう練りきりの材料を大・中・小の型を使って成型して作られる。購入したときにくじを引き、その...


大王のくじ (絵描ぎ 山内 和人 いろんな情報)
ずーっと「カランカランアイス」だった上土手スクエアさんの津軽絵っこの額絵を「大王のくじ」に入れ替えしました。「カランカランアイス」は2011年5月からなんで、本当にずーっとでした。「大王のくじ」もちょっとだけずっとで替えれるようにネタ探し頑張りまーす。最近は「今もあるけど...


くじ付き和菓子 (Ausleseの香り)
弘前だけ?で売っているくじ付きの和菓子です。昔の駄菓子屋さんで行われていた“くじ”が、現在もそのまま残っています。私が小さい頃は、1回5円で、このくじを1回だけ引くことができました。これが“くじ”の部分。うす茶色の紙(30枚あります)を選んではがすと、“大王”、“親”、“子”...


大王 (弘前観光ナビゲーターのブログ)
今年に入ってからずーっと食べたいと思っていた物をついに購入しました『大王当て~くじ付き』青森県津軽地域に戦前から伝わるくじ付の駄菓子で、白餡を食紅などで染め、木型で生成した練切の生菓子です。くじには、大王・親・子の3種類があり、各々大・中・小のお菓子が当ります...


和菓子の街 14 (弘前プラザホテル - じゃらんnet)
14回目の今回は「和菓子」というよりも、「駄菓子」として、昔から弘前市民に人気の菓子、「大王」をご紹介させていただきます。大王は、白あんを食紅などで染め、型で抜いた雲平のような菓子で、弘前にしかない当物駄菓子です。昭和27年創業の佐藤製菓が既に閉店している他店...


生菓子「大王当て」 (子育てって楽しいなー。)
弘前土産としてもらったんだけど、こんなの始めてみて驚いたので。紙製のくじをひいて、出た「大王」「親」「子」をみて、大・中・小の大きさの違う生菓子を食べるという駄菓子屋のお菓子。「大王」はすごい大きくて、大人の手の平ぐらいかな~。わら半紙にこの花生菓子が貼り付けられ...


第3回オフ会・当物(あてもの)・演芸編 [おでかけ ルン♪] (塵も積もれば…)
津軽当物(あでもの)と呼ばれる郷土駄菓子。大王当てというくじで、めくって「大王」が出ると当たり「親」「子」という順になります。この景品のお菓子が、色といい味といい、どこか懐かしいものでした。私は津軽衆ではないので、全く知りませんでしたので、ちょっと調べてみました。白餡...


大王当て♪ (紳士万歳(゚⊆。*)<season6)
はいどーも!グルメハンターっすヘ(゚∀゚*)ノ気を取り直して明るい年末を☆笑えー、今日は青森県弘前市に古くからある「大王当て」をご紹介!(ノ´▽`)ノまたの名を「大王くじ」って呼んでます★大王、親、子という3つの大きさのお菓子があり、大王が一番大きいいわゆる「大当たり」♪それを...


弘前大王 (私 的 に 素 敵)
弘前の懐かしいお菓子大王。こどもたちが駄菓子屋さんに行くと必ずひいたのがあてもの菓子。大王に芋あてはこどもたちに人気のお菓子でした。和菓子で描く津軽の四季二部では市内のお菓子屋さん九店が弘前らしい新たなお菓子を発表してくれます。大王を製造する佐藤製菓さんで...

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
非公開コメント(管理者にだけ表示を許可する)

TrackBackURL
→http://sumiobaasan.blog.fc2.com/tb.php/3-83718c0f