駄菓子文化を守りたい。

子供の頃、小銭を握り締めて通った昔ながらの駄菓子屋さんもだいぶ減ってしまいました。もっと深刻なのが駄菓子メーカーさんの廃業です。
後継ぎがいない、設備が古くなってしまったなどの理由で、需要はあるのに次々に廃業しています。あの懐かしい駄菓子がもう食べられなくなります。
ラメック(ベビースターラーメンのようなお菓子)や、50円玉や100円玉の形をした大きなチョコなど、見なくなって久しい駄菓子も数多くありますね。


ここでは今現在も発売中の人気定番駄菓子も取り扱いますが、JANコード(バーコード)が無いためにコンビニやスーパーでは販売できない小さな駄菓子メーカーさんの商品にも力を入れて紹介していきます。

【TBSテレビ】所さんのニッポンの出番「ニッポンの味再発見!第3回駄菓子世界ツアーinスペイン」が放送され、スペイン人に人気の駄菓子が発表されました。

【1位】あんこ玉
【2位】紋次郎いか
【3位】味カレー
【4位】ベビースターラーメン(チキン)
【5位】フエラムネ

【その他】うまい棒、どんどん焼き、都こんぶ、きびだんご、おにぎりせんべい、あんずボー、サクランボゼリー、ビッグカツ、スッパイマン、フルーツ糸引きアメ

1位のあんこ玉は全国的に有名なようですが、こちら青森市ではあん玉人気の牙城を崩せず、流通していないようです。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
先日、【TBSテレビ】所さんのニッポンの出番「ニッポンの味再発見!第3回駄菓子世界ツアーinフランス」が放送され、フランス人に人気の駄菓子が発表されました。

【1位】ビッグカツ
【2位】こんぺいとう
【3位】うまい棒チーズ味
【4位】ソースせんべい
【5位】にんじん(ポン菓子)

【その他】都こんぶ、モロッコヨーグル、味カレー、おにぎりせんべい、たまごボーロ、ベビースターラーメン、紋次郎いか、きなこ棒、フエラムネ、パンチコーラ

金平糖(こんぺいとう)は商品名というよりお菓子の種類だと思うので特筆する事はありません。
5位の「にんじん」以外は過去に取り上げていますので、今日は「にんじん」を紹介します。



にんじんは、タカミ製菓さんで1975年から販売されているロングセラー商品です。
いわゆるポン菓子で、お米に圧力をかけて一気に解放する事で爆発させて作ります。
パッケージが人参の形なだけで、にんじん味というわけではありません。
ほのかな甘みのある素朴なお菓子です。
なぜ、ニンジンの形になったんでしょうね。調べてもわかりませんでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ


子供の頃、お祭りの縁日でよくやりました。
難しくて一度も成功した事がありませんでした。
少し欠けたところを舐めて丸くしたりといった不正もありましたね。
今は、なにわバージョンや北海道バージョンなどもあるようです。 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
TBSテレビ「所さんのニッポンの出番」ニッポンの味再発見!第2回駄菓子世界ツアーinアメリカで紹介されてました。
アメリカにも似た商品があるそうです。



よく見るような気もしますが、あまり記憶に無く、食べたこともありません。
製造元のセイカ食品さんは鹿児島県なので、こちら青森にはあまり流通してなかったのかも知れません。
セイカ食品さんは、白熊かき氷でお馴染みの「南国白くま」も製造しています。

そういえば、南国は「なんごく」と読むのに北国は「きたぐに」と読むのはなぜでしょうね。
「みなみぐに」や「ほくごく」は読みにくいから?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ


タブレット菓子の元祖ともいえる明治の「カルミン」が2015年3月末で販売終了となります。
またひとつ昔ながらの駄菓子が消えます。

残念です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ


梅も駄菓子屋の定番アイテムですよね。
個人的にはカリカリよりも種を抜いた甘めの柔らかいタイプが好きです。
干し芋や干し柿もそうですが、干し物特有の表面に出てくる白い粉が好物です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ